ダメ、ゼッタイ。

星景写真撮影の為の遠征中、道中(多分高速のSA)で当て逃げされましたshiyです。こんばんは。

ああぁあぁぁぁ!くっそおぉぉおぉおお!犯人出てきやがれ!死刑にしてさらしてくれるわ!地獄よりも恐ろしいもの見せたるわ!

とまあ怒り狂っていても仕方が無いのですが、かと言って「じゃあ気を取り直して」なんて気分にもなりません。当て逃げダメ、ゼッタイ。いやマジで世が世なら切捨て御免状態ですからね。やっぱあれだ、遠征用にぶつけても気にならないような中古の車を買うべきだ。荷物多いし、山にも入るし。まあどこにそんな金があるんだってお話なんですけどもね。

さて、話を戻して星の撮影についてなんですけれども、今回は赤道儀を購入して初の望遠レンズで星雲を撮ろう企画だったわけですが、結論から言いますと失敗でした。ざっくり説明しますと、赤道儀ってのは星の日周運動に合わせてカメラをぐるんぐるんと回す機械の事でして、当然の事ながら星の回転軸(要は地軸)と赤道儀の回転軸を合わせるように設定しなければいけないんですね。「んなもん北極星だろ」って話なんですけれども、実は厳密には星空の回転軸は北極星とはちょびっとずれていましてね、今までのように広角レンズでの撮影であれば北極星に合わせておけば問題なかったのが、望遠を使うとなるとより厳密な極軸合わせが必要でしてね、そろそろ書くのが面倒になってきたのでアレなんですが、とにかくその設定が上手くいかなんだとそういう事です。

オリオン大星雲


こちら300mmで撮影したオリオン大星雲をトリミングしたものですが、ホントはもうちょっと明るく撮りたかったのにも関わらず赤道儀の設定がしっかりしていなかったせいで長時間の追尾ができずに暗めになってしまっております。残念すぎる。でもまあ初めてにしちゃそれなりに撮れたような気もするので気にしない!

オリオン座


オリオン大星雲というだけあって、肉眼では見難い(これは僕の視力の問題かもしれませんが…)ですがオリオン座の中にあります。上の写真で言うと写真中央の星3つが縦に並んでいる部分、その右にある赤いイチゴみたいなヤツがオリオン大星雲です。望遠ではまだまだ甘い赤道儀の設定ですが、それでも普段の広角レンズ使用の設定よりは随分とシビアではあるので、広角レンズ使用時には随分と長くシャッターを開けられるようになりました。

天の川と北アメリカ星雲


6分露出の天の川と北アメリカ星雲。写真中央から左下にある赤いボヤッとしたのがそれです。ちょっとこの写真では分かり辛いかもしれませんが、北アメリカ大陸の形に似ている事からこの名前が付いたらしいです。今回は買っただけで使いどころに困っていたシグマの28mmレンズと、Astronomikとかいうメーカー(?)の光害カットフィルターが大活躍しました。通常のカメラではこういう赤い星雲は非常に写りにくいのですが、このフィルターを付けると割と写るようになります。レンズも遠すぎず近すぎず、ある程度空を入れつつ対象を撮るには丁度良い感じでした。

まあこれに甘んじず、もうちょっとシビアに赤道儀を設定できるよう考えたいと思います。当て逃げダメ!ゼッタイ!それではまた!アディオス!




カーメイト(CARMATE) 傷消しコンパウンドセット C22
カーメイト(CARMATE)
売り上げランキング: 7700

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/75-52235c85

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility