千石撫子

女性に対して、「AKB48にいそうだよね!」と言うのは褒め言葉なのでしょうか。

まず残念ながら僕には彼女らが可愛いとは思えない。でもそれは好みの問題なので仕方がない。「彼女らは苦労してるんだよ、応援しなきゃ」なんて言う人もいるけど、大概のアイドルは苦労している。何よりAKBよりPerfumeの方が絶対に苦労していると思う。だから僕はPerfumeを応援する。いや違うけど。

まあそんな感じでですね、正直AKBがどうとか物凄くどうでも良くて、Perfumeの皆さんが元気であれば僕はそれで満足だったりするんですけど、それとはちょっと別の話でですね、今日は「フィギュア」というものについて考えてみたいと思います。スケートじゃないですよ、お人形の方です。

いや別に変な話をしたいわけじゃないんですよ。ただ被写体としてですね、ひょっとするとフィギュアってのは人間よりも撮りやすいのではないかとそんな事をふと思ったわけですよ。実際フィギュアを撮影した写真を公開しているサイトは多々ありますし、それこそ素晴らしいくらいのクオリティだったりするわけですよ。人間みたいに表情が変わらないので面白味がないと言ってしまえばそれまでですが、逆に考えれば常に表情が安定しているという事ですからね、これは練習にもってこいの素材なのではないかとそんな事を思ったわけですね。

そういうわけでじゃあ練習でもしてみるか、とそう思ったわけですが、生憎僕が持っているフィギュアと言ったらあれですよ、小惑星探査機「はやぶさ」に感動して購入したはやぶさの擬人化フィギュア「はやぶさたん」と、去年震災の時に「東北応援プロジェクト」みたいなヤツで「売り上げの半分を被災地に寄付します!」みたいなので買った初音ミクのねんどろいどくらいですからね、ちょっと人間の撮影の練習には向かないわけですよ。両方2頭身くらいだし。さてどうすんべかな、と思っておりましたところ、そういえば以前ゲームセンターでトチ狂ってUFOキャッチャーで取った千石撫子のフィギュアがある事を思い出しましてね、じゃあとりあえずそれでも撮ってみるかと撮影をしてみました。

写真を紹介する前に千石撫子とは何ぞや?という方の為にご説明しておきますと、「化物語」というライトノベル原作のアニメがあってですね、それに登場するキャラクターです。確か蛇の妖怪に襲われる感じの人だったと記憶していますが、このアニメがまたなかなか面白くて良かったんですよね。最近「偽物語」という実質化物語の続編みたいなのがやってるらしいので、DVDが出揃ったらまた見てみようかなとそんな事を考えております。

まあそんな感じでですね、こういうときだけ文章が長いと「やだこの人オタクなのかしら」ですとか在らぬ疑いをかけられる事必至な状況に陥りかねませんので、さくっと写真を紹介させて頂きます。

千石撫子

撮影してみて解った事は、とりあえず物凄い練習にはなるな、という事ですかね。照明の当て方とかフラッシュの使い方とか、様々な撮影の知識がないと綺麗に撮るのは難しいという事が身に染みて解りました。人間撮ろうと思ったらそういったテクニックに加え良い表情を撮るためにはそういった調整を一瞬でやらないといけないのだという事だと思いますので、とりあえず人間を撮るのはまだまだ先になりそうです。まああんまり撮る気もないけど。

今日はダラダラと駄文を書き殴っておりますが、正直言うと21日の日食が晴れるかどうか心配で仕方がないのでその気晴らしだと思ってください。お付き合い頂きありがとうございます。だって今でも外ではバシバシ雷鳴ってますからね。ホント大丈夫かしら。まあ今のところ天気が曇りなので既に大丈夫じゃないんですけど、とりあえず晴れる事を祈ります。皆さんも是非てるてる坊主とか作って協力してください。




化物語 千石撫子 フィギュア
タイトー
売り上げランキング: 282789

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/57-7e5e55e5

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility