スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇宙ヤバイ

ヤバイ。宇宙ヤバイ。まじでヤバイよ、マジヤバイ。
宇宙ヤバイ。
まず広い。もう広いなんてもんじゃない。超広い。
広いとかっても
「東京ドーム20個ぶんくらい?」
とか、もう、そういうレベルじゃない。
何しろ無限。スゲェ!なんか単位とか無いの。何坪とか何ヘクタールとかを超越してる。無限だし超広い。
しかも膨張してるらしい。ヤバイよ、膨張だよ。
だって普通は地球とか膨張しないじゃん。だって自分の部屋の廊下がだんだん伸びてったら困るじゃん。トイレとか超遠いとか困るっしょ。
通学路が伸びて、一年のときは徒歩10分だったのに、三年のときは自転車で二時間とか泣くっしょ。
だから地球とか膨張しない。話のわかるヤツだ。
けど宇宙はヤバイ。そんなの気にしない。膨張しまくり。最も遠くから到達する光とか観測してもよくわかんないくらい遠い。ヤバすぎ。
無限っていたけど、もしかしたら有限かもしんない。でも有限って事にすると
「じゃあ、宇宙の端の外側ってナニよ?」
って事になるし、それは誰もわからない。ヤバイ。誰にも分からないなんて凄すぎる。
あと超寒い。約1ケルビン。摂氏で言うと-272℃。ヤバイ。寒すぎ。バナナで釘打つ暇もなく死ぬ。怖い。
それに超何も無い。超ガラガラ。それに超のんびり。億年とか平気で出てくる。億年て。小学生でも言わねぇよ、最近。
なんつっても宇宙は馬力が凄い。無限とか平気だし。
うちらなんて無限とかたかだか積分計算で出てきただけで上手く扱えないから有限にしたり、fと置いてみたり、演算子使ったりするのに、
宇宙は全然平気。無限を無限のまま扱ってる。凄い。ヤバイ。
とにかく貴様ら、宇宙のヤバさをもっと知るべきだと思います。
そんなヤバイ宇宙に出て行ったハッブルとか超偉い。もっとがんばれ。超がんばれ。


あまりに有名なコピペではありますが、ここまで宇宙のヤバさを端的に表現した文章が嘗てあったでしょうか。そう、宇宙はヤバイんですよ。太古の時代から宇宙とは神秘の象徴であり、また憧れの対象でもあったのだと思います。例えば古代メソポタミアの人々は、その星の配列に動物や神を見出しました。また、星の動きから未来を予測する研究もされるようになりました。後世に伝わる正座と星占いの誕生です。今でこそ占いなんて眉唾だですとか、都合の良い部分だけ信じるですとか気軽に言えるようになりましたが、当時は大真面目な学問として研究されていたようで、それにより、暦の概念が発見されたりしちゃったりして、なかなかどうして宇宙を基準にした世界の決まりが発達していく事になるわけです。加えて地球は丸いですとか、コペルニクスの「それでも地球は廻っている」ですとか、現代では当たり前に言われるようになった宇宙の常識というヤツが一般に認知されていくようになるんですね。

そんなこんなで現在はと言いますとそれこそ宇宙は身近な存在、映画やアニメにも頻繁に宇宙の様子が映し出され、表面的には宇宙の神秘性は薄れたようにも感じます。しかしながらこういったエンターテイメントの世界で表現される宇宙というのは余りに狭く、また地上的であると言えるでしょう。どういう事かと言いますと、例えば宇宙空間での戦闘シーン。鳴り響く爆発音ですとか、そもそも空気が無いのに音が伝わるはずがない。加えてそういった場面では、敵機を目視で確認しつつ攻撃する、みたいな描写が多々ありますが、そもそも宇宙で目視とかありえない。あの鈍亀みたいな国際宇宙ステーションですら秒速8キロとかそんな速度ですからね。時速にすると2万8千キロとかですよ。地球1周90分。鈍亀っぽいのに。これが戦闘機だったらどんなやねん。「あ、敵機発見!」とか言ってるうちに敵機は遥か後方ですよ。でもまあこういった描写を忠実に再現するとそれはもはやエンターテイメント作品として成り立たない。僕らの想像力が追いつかないからですね。ホラ、やっぱり宇宙ヤバイ。知ったような気になっている宇宙、でも実際人類が到達したのは一番近い月までですし、そもそも有人宇宙飛行の歴史はまだ100年にもなりません。まだまだ神秘の無限な宇宙、ビバ!知ったかぶり!「ふしぎの海のナディア」でジャンがネモ船長からN‐ノーチラス号について「この船は元々宇宙船だったのだよ」と説明されて「宇宙船!?」とかって驚いていた割に、実際その船、正式名称「第四世代型超光速恒星間航行用超弩級万能宇宙戦艦ヱクセリヲン」で宇宙に出たら「昼間なのに星が見える…」とか言っちゃって、エレクトラさんに「ええ、ここはもう宇宙よ」と説明を受ければ「…宇宙?」とかもう初めて聞きました!的な発言で、いやお前船長に聞いたやないか!と突っ込みを入れずにはいられなかったりするんですけど、まあこのアニメの舞台は19世紀ですからね、たとえ知らなくても無理はない。人類が宇宙と直に接するようになったのは、それくらい最近の事なのです。

で、いきなりちょっとスケールダウンしちゃって申し訳ないんですけど、加えてもう10月も目前という時にこんな話もアレなんですけど、9月って中秋の名月、所謂「お月見ってヤツじゃないですか。実はですね、僕お月見ってずっと10月だと思い込んでいて、マクドナルドとか月見バーガーのリリース早いな、さすが売り上げ至上主義だな、とかそんな事を考えていたりしたんですけど、奇しくも先日、まさに中秋の名月その日にそんな話をしておりましたら「いや、10月じゃなくて9月だって」と指摘を受けましてね、急いで写真撮りましたよ。

月

ホラ見てマンゲ!じゃない満月!いいですね、宇宙の神秘の一端を垣間見る思いですね。クレーターまでバッチリ見えちゃう辺り、綺麗なお姉さんがすっぴんの時に毛穴まで見えちゃう距離まで近づいた時のような興奮がありますよね。で、折角だから月の満ち欠けフルコンプしてやろうじゃないのよとそれから毎晩月を眺めて写真を撮っていたのですが、何か意外と曇って見えなかったりですとか、それこそ台風来たりですとか、途中飛び飛びしかもハンケツ、じゃない半月に近いくらいのところまでしか撮影できていなかったりします。最近じゃ月まで台風に飛ばされてしまったのか、夜空に月が存在しないという体たらく。いやー、宇宙ヤバイっすね。

月

月

月

月


まあそんな感じでですね、宇宙ヤバイとかブツブツ言いながら深夜徘徊をするボケ老人の如く月を探して夜の街を彷徨うような生活をしているわけなんですけれども、そういえば昔椎家でトップ絵をお月見にした事があったな、という事をふと思い出しましてね、「あーきっと10月のトップ絵にしてるよなー、世界に向けて自分の無知を発信しちゃってるよなー」と若干赤面しながら確認してみましたところ、何ときちんと9月のトップ絵に設定されているばかりか、きっと誰かから指摘を受けたのでしょう、「どうして僕はお月見を10月だと思っていたんだろう」というコメントまでありました。

月

宇宙よりヤバイのは、僕の記憶力かもしれません。




ふしぎの海のナディア Blu-ray BOX【完全生産限定版】
キングレコード (2011-11-23)
売り上げランキング: 340

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/5-7486b517

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。