Лебединое озеро

読めませんね。僕もです。

ロシア語で、「白鳥の湖」の事を指すそうです。チャイコフスキーによって作曲された有名なバレエ音楽です。

前回の日記で、星空を撮るために日曜の夜長野まで赴いたにも関わらず、撮影スポットであるしらびそ高原は予想外の早期閉鎖、それでも星は見えたものの三脚忘れて撮影できず、という何かもうどこぞの闇の勢力とかが夜空の撮影をさせまいと必死に妨害しているのではなかろうかと勘繰りたくなるようなエピソードをお送りしました。実はアルマゲドン的な隕石とかが地球に接近してて、その墜落を悟らせないようNASAとかが暗躍してるんだと思います。うん、きっとそうだ。

で、実はこの話には続きがあってですね、まあ「実は」なんてもったいぶるような内容でもないんですけど、さすがにここまで不幸が重なると何か色々どうでも良くなったりするじゃないですか。日曜の夜、家から遠く離れた土地で悲しみに打ちひしがれる。そりゃ僕かて投げやりにもなったりするってもんですよ。まあそういうわけでですね、翌日の仕事とかもういいや、そこらのビジネスホテルにでも泊まろう、明日は長野観光でもして蕎麦でも食って帰ろうじゃないかと余裕の会社ボイコット、翌日旨い蕎麦を求めて長野県は安曇野方面に足を伸ばす事にしました。

さて、安曇野方面と言えば実は仕事でしょっちゅう行く土地でして、旨い蕎麦屋も観光スポットも当然熟知していますから何の目新しさもないと言ってしまえばそうなのですが、でもやっぱり仕事ではなく遊びで来るとちょっと空気が違います。で、折角なのでいつも気にはなっていながら素通りをかましておりました「白鳥湖」というところに行ってみる事にしました。

白鳥湖 鴨

はい、これが白鳥湖です。鴨ですね。醜いアヒルの子とかそんな次元を超越した、見紛う事なき鴨ですね。いやね、白鳥もいるにはいるんですよ。でも100対1くらいで鴨が多数。もうホント鴨。これじゃ白鳥湖じゃなくて鴨湖ですよ。しかもですね、もっとアレなのが何ていうのかな、ここあからさまに湖じゃなくて川なんですよね。圧倒的に川。鴨湖になった白鳥湖、遂には鴨川ですよ加茂川。もう場所まで変わっちゃってるわ。

白鳥湖 白鳥

白鳥湖 白鳥

白鳥湖 白鳥

白鳥湖 白鳥

白鳥湖 白鳥

圧倒的に鴨の中の一部の白鳥。醜いアヒルの子も健在。

白鳥湖 白鳥

2羽で何か見てる。

白鳥湖 鴨

以前の日記で「鴨は目を開けて眠る」というような事を書いた記憶がありますが、その写真撮った時は少なくとも鴨の皆さん陸に上がって寝てたんですよね。それが今回どうですか、目を開けて寝てしかも流されていやがる。どういうものぐさ具合ですか。

白鳥湖 鴨

顔が痒いとこうやって掻くらしい。

白鳥湖 鴨

白鳥湖 鴨

そして鴨のシンクロナイズドスイミング。

まあそんな感じでですね、加茂川、もとい白鳥湖、なかなか楽しいところでした。あと蕎麦と馬刺しが旨かったです。たまには遊びで来るのも良いな、と長野の魅力を再発見した1日でした。まあ白鳥湖と蕎麦屋と大王わさび園ってとこにしか行ってないんですけどね。

白鳥湖 鷺

おまけ。鷺かな?何か飛んでた。




白鳥の湖 [DVD]
白鳥の湖 [DVD]
posted with amazlet at 11.12.05
ワーナーミュージック・ジャパン (2009-06-24)
売り上げランキング: 2674

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/23-12eeb395

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility