CANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM

いやーさすが純正レンズ。shiyです。

先週末に飛行機撮影以来出番の無かったCANON EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMを持って近所を散策してみたのですが、いやいやさすがと言いますか、純正レンズの良さを実感しました。でもやっぱ400mmだとちょっと足りないシーンも多々あるんですけどね。

普段野鳥撮影に使っているSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryも決して悪いわけではない、というか価格を考えれば素晴らしいレンズなんですが、こう追い込みの差というか、そういったものを実感しました。あとはAFの食い付きの良さとかですかね。まあSIGMAはピントの追い込みなら自分でできるようになっているので、ちょっと調整してみても良いかもしれません。というかやるべきだなあと痛感しております。

カルガモ

カルガモです。こういう飛んでる最中の写真を割りと簡単に撮れてしまう。そして追従の精度が良い。すげえ。まあSIGMAより短いので対象を視野に入れやすいという事はあるのでしょうが、それを差し引いても大したもんだと。

トビ

こちらはトビ。図鑑に「トンビではなくトビ」とビシッと書いてあったので従います。解像感も良いですね。SIGMAに比べて明るいおかげでISOをあまり上げなくても良い、という部分も当然ありますが、その明るさも含めて性能ですからね。でもまあ明るさと引き換えに望遠側がSIGMAと比べて200mmマイナスしてるんだと思うとドローかもしれませんが。

そういうわけで別に宣伝とかそういうんじゃないですけど、使えるところではバシバシ使わないと勿体無いですね。何か前にも同じような事書いた気がするけど。とりあえず明日長野に出張なのでこのレンズ持って行って帰りに白鳥でも撮ってこようかなあと画策しております。

それではまた!アディオス!星の写真も撮りに行きたい!

ヤマガラ

おまけのヤマガラ。こちらはSIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporaryでの撮影です。

このレンズはこれで良い仕事するんすよ、マジで。

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/159-44b9e919

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility