スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM レビュー

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

まあレビューって程のものでもないんですが、先日購入しましたSIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSMをとりあえず使ってみようということで、ちょっと早起きして近くの山に行ってきました。shiyです。山とは言っても標高100mちょっとのどちらかといえば丘レベルの山なんですけれども、野鳥でも撮ってみるかとそんなテンションでした。で、ふと見上げれば月がまだ出ていましたのでとりあえず一枚、というノリの写真が冒頭のものです。ただの月と言ってしまえばそれまでなのですが、トリミング無しでこの大きさで撮れるのには正直感動しました。

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

で、鳥の名前とか全くわからないので淡々と写真を並べますけれども、先ず気になるのが重さのところ。果たして手持ちで大丈夫なのかどうか。結果から言えば今回三脚とか一切持っていかなかったのですが、何とかなりました。こちらのレンズ、重量は1,930gとの事ですが、普段使っているCanonのEF70-200mm F2.8L IS II USMとEXTENDER EF2×IIIを足した重量が1,800gちょっとなので、それで鍛えられていた部分はあるのかもしれません。AFもそれ程迷う事もなく、また手振れ補正も明るいところであれば十分なくらい動作してくれました。まだUSB DOCKでの調整は何もしていないので、ちょっと弄ればもっと使いやすくなるかもです。

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

ただひとつ気になったのは、SIGMAらしさと言われてしまえばそれまでなのかもしれませんが、やはり背景ボケはちょっと煩い印象がなくもなく。絞れば多少改善するんだろうとは思いますが、テレ端でF6.3だとさすがに絞る気にもなれず。加えて被写体自体は開放でも特に眠い感じにもならずパリッと撮れるので、まあ背景ボケは好みの問題として気にしない事にします。嫌いなわけじゃないですしね。

そういうわけで、10万ちょっとのお値段でこれだけの描写が買えると思うと随分お買い得な印象でした。これまでどう頑張っても寄りきれず被写体にならなかったこの野鳥というカテゴリが被写体候補に入ってくるというだけでも結構楽しみは増えそうです。折角なのでそのうちテレコンも買ってみて、1,200mmの世界もちょっと覗いてみたくなりました。お金がかかって仕方ないですが。

SIGMA Contemporary 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM

おまけ。近くの田んぼにいた鷺。そうそう、開放で空とか撮ると周辺光量の落ち込みはそれなりに気になるかもしれません。因みにこの写真は意図的に周辺光量を落としています。

まあそんな感じでですね、皆さん冬のボーナスとかで買ってみましょう。楽しめると思います。





Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/149-dd663c5e

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。