スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじまりはいつも雨

  • 2015/03/18 21:34
  • Category: 日記
お久し振りです。皆様如何お過ごしでしょうか。shiyです。

さて、今週は今年度最後の新月期という事でですね、今回こそは望遠鏡を使ってやろうと念には念を入れまして、今日から3日間の有給プラス土日の5連休を確保し撮影の準備に余念がなかったわけなのですが、いざ蓋を開けてみれば何とまあ5日間とも悪天候。こればっかりはどうにもならねえ。5日もあれば1日くらいは撮れる日があるだろうと思ってたんだけどなあ。

まあそういうわけでですね、今日はその腹いせにちょっと前に購入して東京出張以来出番のなかったSIGMAの18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMと、何を血迷ったのか先週新たに購入したCANONのEF100mm F2.8L MACRO IS USMの2本を持って愛知県安城市はデンパークなるところへ行ってきました。実際問題大した写真は撮れなかったのですが、活用方法的にはなるほどと思った部分がなかったわけでもないということで、久し振りに被写体云々よりも写真の撮り方的な部分を考える良い機会になったような気がしております。まあ言うほど考えてないんだけどね。

SIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

先ずはSIGMA 18-300mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSMのお写真から。APS-C専用というディスアドバンテージこそあれど、この価格(購入時6万程度)で18mmから300mmまでをカバーできるというのがどれだけ便利か、という事を改めて実感しました。いつもだと広角(14mm)、標準(35mm)、それから望遠(70-200mm)、加えてテレコンを持ち歩くところが、いくらか明るさが犠牲になるとはいえ1本で済む、というのは非常に楽です。上の写真はテレ端で撮ったものですが、背景ボケに多少の煩さはあるもののSIGMAらしいといえばらしいパリッとした写りがなかなかの好印象です。

CANON EF100mm F2.8L MACRO IS USM

続いてCANON EF100mm F2.8L MACRO IS USMのお写真を。さすがはLレンズ、とでも言うべきか、良い味が出る気がします。マクロレンズには前から興味がありましてね、星を撮るようになってから多少はその興味も薄らいではいたのですが、まあマクロとはいえ接写以外にも使えますし、F2.8であれば多少暗いところでも大丈夫、そして100mmなら星撮りでも活躍の場がありそうなので思い切って買ってみました。結論から言ってレンズの良し悪し云々よりも、マクロを使用するにあたっては明確な被写体のイメージがないととっちらかった写真になるな、という事がよくわかりました。

まあそんな感じでですね、マクロの写真同様今日の日記も何だかとっちらかった印象は拭えないわけなんですけれども、とりあえずどちらのレンズもイケてると言えるでしょう。SIGMAは日常のお供にはもってこい、CANONはきちんと計算して被写体を作りこめば素敵な写真が撮れそうです。差し当たりその素敵な被写体が思い浮かばないという問題はありますが…。精進します。

というわけで次に星を撮れるのは一体何時になるのやら。それではまた!アディオス!






Canon 単焦点マクロレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM フルサイズ対応
キヤノン (2009-10-31)
売り上げランキング: 19,224

Pagination

Trackback

Trackback URL

http://shiyhome.blog.fc2.com/tb.php/140-fb2f48e1

Comment

Post Your Comment

コメント:登録フォーム
公開設定

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。