スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一富士二鷹三茄子

改めまして明けましておめでとうございます。shiyです。本年も宜しくお願い致します。

さてですね、一昨日ちょっと用事で中部国際空港セントレアの近くまで行きましたので、折角だしついでに飛行機でも撮影しようと近くの浜辺でカメラを構えておりましたところ、素敵な写真が撮れました。

ミサゴ

飛行機の撮影はどうなった、なんて無粋なツッコミは無しにして、獲物を捕らえたミサゴです。掴んでいるのはサヨリだと思います。地元の回転寿司でメニューにあります。分類上はミサゴ科ではありますが一応タカ目なので、まあ新年縁起が良い感じだなあとポジティブに解釈する事にします。

さて、2016年が始まりました!僕は明日が仕事初めですが、正直起きれる気がしなくて困っています。まあまだ正月気分だもの仕方ないよね!人生そんなもんだよね!それではまた!アディオス!





スポンサーサイト

ゆく年くる年

地獄谷野猿公苑

ふたご座流星群は雲の為断念しました。年末皆様如何お過ごしでしょうか。shiyです。

こちとら折角休みまで取って、パソコンも買って準備万端だってのに曇りとかどういう事ですか。と愚痴ったところで天気ばかりはどうしようもありませんので、代わりにというわけではないのですが来年は申年だという事もあり、長野県は地獄谷、野猿公苑に猿の撮影に行ってきました。温泉に入る事で有名になったここの猿ですが、海外では「SNOW MONKEY」なんて呼ばれているみたいですけれども、どう見ても「温泉モンキーだろ」とそんな無粋なツッコミをせずにはいられません。

地獄谷野猿公苑

もっとガッツリ雪でも降ってくれれば雰囲気も出たのですが、残念ながら雪はパラパラ程度で積もりもせず。今年は雪少ないですなあ。長野の山奥のはずなのに、スキー板積んだ車を一台も見ませんでした。

地獄谷野猿公苑

でも気温の方はそれなりに低く、猿もしっかり温泉で暖をとってくれていました。当然寒くないと温泉には入らないようなので、天気はある意味賭けでしたがちゃんと見られて良かったです。それにしても外国人観光客が多かった。

それから、ついでに帰りに安曇野の白鳥湖へも寄りました。以前にブログに書いた覚えがありますが、白鳥湖と言いながら圧倒的に鴨が多い、そして湖ではなく川だというもうどこから突っ込んでいいのかわからないような場所ですが、こちらもそれなりに人がいました。勿論白鳥もいました。鴨に埋もれるようにして。

白鳥湖 鴨

大きめの鳥は飛んでいるところを狙えるのが良いです。何か上手く撮れた気になる。

白鳥湖 鴨

そして今回個人的に最も気に入ったのがこれでした。飛んでいて且つ背景が空じゃないというそれだけでちょっと貴重な気分になります。

さあ怒涛の年末です!そして最近一段と寒いです!皆様ご自愛くださいませ。それではまた!アディオス!

クッピーラムネ

金華山 紅葉

秋深まる今日この頃、皆様如何お過ごしでしょうか。shiyです。

最近星撮りに行ってないなー、折角望遠鏡買って赤道儀2台体制になったのにhiglasiしか使ってないなー、Advanced VXの方もちゃんと使いたいなーなんてぼんやり思っておりましてね、何かアストロアーツから「ステラショット」とかっていう赤道儀とカメラを制御して写真が撮れる的なソフトが出た事もあり、ちょっとノートPCでも買ってみるかなあという事で、さっき3万円くらいのノートPCを買いました。で、とりあえずステラショットの体験版をインストールしてみたのですが、どうやら動きそうなので赤道儀を同期すべく接続のコードを今注文したところです。来月はふたご座流星群もあるので、流星群撮りながらステラショットで望遠レンズも同時に使ってやろうじゃないかとまあそんな気持ちでおります。天気良いといいなあ。お金ないなあ。

というわけでですね、星の撮影はとりあえずそれまでお預けにするとして、先日岐阜は金華山にリス村なるものがある事を知りましてね、またそこのイメージキャラクターがリロちゃんとかいう自称ゆるキャラだけど実際見るとそれ程ゆるくない、且つクッピーラムネのアレのパクリっぽい外観なのが気になりまして、とりあえず行ってみました。

金華山 リス村

とりあえずそのゆるキャラの外観とか写真撮ったりしていないので、気になる方にはご自信でググって頂く事にして、こんなリスがわさわさいました。

金華山 リス村

特に人を怖がるでもなく、餌なんか持ってたらそれこそ体に飛びついて登ってくるようなアグレッシブな皆さんでした。

金華山 リス村

何となくシマリスをイメージして行ったのですが、実際いたのはタイワンリスという種類だそうで、シマリスよりも大きかったです。縞もないし。尻尾が写ってないとプレーリードッグみたいです。

入場料が200円と破格のお値段で、行ったのが平日だったせいかお客さんも少なめで楽しめたのですが、如何せんロープウェイに乗らないと(あるいは徒歩で山を登らないと)たどり着けない事、またそのロープウェイがなかなかお高い(片道1000円超)のが玉に瑕かも。でもリスと触れ合う機会ってのもそうそうあるものではないと思いますので、東海地方にお住まいの方くらいにはお勧めできるスポットです。

それではまた!アディオス!

ポンチフレアスカート

折角ボンネットの飛び石傷を直したと思ったら、今度は運転席ドアに何やら凹みを見つけてしまったshiyですこんにちは。先日ユニクロで、「ポンチフレアスカート」なるものを見つけました。さあ!逆から読んでみよう!すみません。

まあそんな感じでですね、先週久し振りに「掛川花鳥園」に行ってきました。去年のフォトコンテスト事件(適当に過去の日記をご参照頂くと概要がわかるかもしれません)以来足が遠のいていたわけなんですけれどもね、鳥たちに罪はないのでさらっと行ってきましたよ。僕にガセネタ掴ませた店員がいたら嫌味のひとつでも言ってやろうかと思わないわけでもなかったのですが、そもそもそれが誰だったのか顔すらとんと思い出せなかったのでとりあえず忘れる事にしました。久し振りに行ったらちょっと園内のレイアウトとか変わってて、バードショーも室内だったりして新しい感がありました。

そういうわけで本日はべろべろっと鳥の写真を貼って更新した感を出す計画です。それではどうぞ。

掛川花鳥園 メンフクロウ

掛川花鳥園 レンカク

掛川花鳥園

掛川花鳥園

何か園内レイアウトと同時なのかどうなのか、花鳥園の公式ウェブもリニューアルされたみたいで、小洒落た感じは良いのですけど鳥の説明とかが凄いざっくりになっちゃった感が否めず、「これ何て名前だっけ」というのを放置プレイする以外なくなってしまいました。気になる人はぜひ現地に行って確認しよう!

というわけで次回は花の写真でも掲載します。2枚しかないけど。

魔界の牧場

富士山

衝撃の事実にひざがガクガクしております。shiyです。

まあ衝撃の事実の内容は後程触れるとしまして、昨年末のお話ですが、「来年は午年だし馬の写真撮らないとなあ」という事で色々と調べておりましたところ、富士山の麓に「まかいの牧場」なるものがある事を知りました。もうこの時点で「まかい」は即ち「魔界」であり、なんというおどろおどろしい名称、これは行くしかねえだろ!という事で現地に赴いたのですが、どうやら「魔界」は「馬飼」であって、悪魔的な何かとは全く関係ありませんでした。しかも「馬飼」という名前に反して馬より羊の方が多いというまさかの展開、さすがの僕も戸惑いを隠せませんでした。幸い来年が未年だったような気がするので来年用にいくらか羊の写真を撮ってきましたが、とりあえずそれらの公開は来年にするとして、とりあえず馬の写真をサクッと掲載する事にします。

まかいの牧場 馬

馬です。年始のご挨拶として掲載した馬のまともな顔したカットです。割と変顔が得意な馬だったみたいで、撮った写真の8割が変な顔だった事を鑑みれば、相当貴重な写真だと言えなくもない。まあ動物は変な顔しててもマジな顔してても「可愛い」と受け取られる事が殆どなので得ですよね。人間だとそうはいかないもんね。

で、冒頭で書きました「衝撃の事実」なんですけれども、以前の日記で掛川花鳥園の2013年フォトコンテストについて「開催しない」という事を書かせて頂いていたのですが、本日ブログにこの件についてコメントを頂きまして、確認してみましたところ開催されていた事が発覚しました。記事掲載時点では掛川課長園スタッフからの情報でしたので信憑性の高いものとして発信しておりましたが、その後の動向についての調査が不十分でした。当ブログの記事により読者の方々に誤解と混乱を招きました事、大変申し訳ありませんでした。僕個人としましてもコメントを頂いて初めてこの事実を知り、既に締め切りも過ぎてしまっているという事で落胆の色を隠せませんが、とりあえずそれは次回への活力にするとしてですね、今後は発信した情報のその後についてもなるべく気を遣って運営したいと思います。またコメントをくださった方、この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

さて、気を取り直して今後ともシャブットシイヤを宜しくお願い致します!

Pagination

Utility

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。